iPhoneでトラブルが起こったときの豆知識

iPhoneでトラブルが起こったときの豆知識

iPhoneはとても便利なものですが、動作しなかったり誤って水没させてしまったりしたらその分大変なことになります。

解決策をしっかり覚えたりトラブルを未然に防いだりしてiPhoneをより使いやすいものにしましょう。


アプリを起動しているときにフリーズしてしまったときには、そのアプリを強制終了させてください。

iPhone6s情報を豊富に提供しています。

アプリを強制終了させるにはまず本体の上部にあるスリープボタンを押し続けて、電源オフスライダを表示させます。

そのスライダが表示されたら、アプリが終了するまでホームボタンを押し続けてください。
iPhoneでは普段使っていないアプリでもバックグラウンドで起動していて、その動作が重くてフリーズしてしまうこともあります。

動作が鈍くなったときにこの方法を利用すると良いでしょう。

iPhone6sの価格の情報が必要なタイミングで手に入ります。

アプリを強制終了させるにはホームボタンをダブルクリックして、起動しているアプリを画面の下に表示させます。

アイコンを長押しして左上に赤いマークが出たらタップすると削除されます。

iPhoneを水没させてしまったときは電源が切れるものはすぐにオフにします。



その後にドライヤーで全体を乾かすかタオルなどで本体を拭いてください。
iPhoneは高温にも耐えるようにできているのでドライヤーをかけても大丈夫です。

乾かした後にすぐ電源を入れてしまう人がいますが、内部の密閉部が乾いていないことがあるので電源は入れないようにしましょう。


その後で修理を依頼してください。

Copyright (C) 2015 iPhoneでトラブルが起こったときの豆知識 All Rights Reserved.